スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遺言を作るか、作らないか

福地幸子行政書士事務所

遺言書といえば、日本でもだいぶ認識が変わってきたと感じます。

とはいえ遺言を書くというと、なにか最後の思いを伝えるもの・・というようなニュアンスになるので、

財産処分のための遺言書は「作る」という言い方でいつもお話をしています。

親族の方は遺言書がないと、大変なことになるとわかっていてもなかなか言い出しにくいものです

公正証書の場合も、『遺言公正証書』となりますので、遺言という文言からは逃れられません

そこで、とてもお願いしにくい状況になります

ただ、遺言がないととても大変な状況になると言っても、それはご本人ではなくて残された方々です

そのため、あと遺産を相続する者たちでやってくれ、とおっしゃる方もいらっしゃいます


しかし、仲が良かった兄弟を争いに巻き込んだり、手続きの負担をかけたり

ご本人は籍が離れたため相続人ではないと思い込んでいた相続人が出現したりと、予測できないことが起こります

やはり、すべての資産なし、預金0円、という状況で亡くなる方はめったにいませんから、遺言を作るのはご本人の責任だと思います

さて、作ることになったとき、
大切なことが足りずに、結局悩まされる残念な遺言にしないためにはどうしたらよいのでしょうか。

それは、その方の状況によって異なります。

Category: 未分類

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。