スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親子の縁

遺言作成の手続きをしていると、
たまにご年齢の高い方で、
「この息子とは縁を切っている」
とおっしゃって、ご自分の感情の上では相続人から除外していらっしゃる場合があります。

さんざん親に迷惑をかけられ対処しかねて、もう親子ではない、一切実家にも来るな、顔も見せるな
と言い放ち、それっきり十数年音信不通なので、相続人ではない・・・
と思い込んでいらっしゃるケースです。

昔は「勘当」という制度がありましたが、現在の法制度ではありません。
養子なら離縁という方法がありますが、実子の縁をきることはできません。

ただ、相続人廃除の審判によってこの相続権を奪い、財産上の地位について失わせる(民892)ことができます。
子が親を虐待したり、重大な非行があるときです。

けれども、これが一つの方法として気楽に利用できるものではありません。

十数年前ですが、親が相続人廃除の申し立てをした上で、そのことを明記した遺言を作ろうとしていざ公正証書作成となったときに、その役場の公証人からアドバイスをいただきました。

廃除というものは子にとっては精神的にも重い、また親としても覚悟がいる、だから、そう重々しいことをせずに、この人を除いた相続人へ相続させることができる遺言書にしておいたらどうですか?
というものでした。

もちろん、遺留分はありますので請求される可能性はありますが、自分の行為を考えれば何も言わないかもしれないし、何より親子関係が修復できる可能性が残ります。

そのような先のことも、広い視野で考えての助言をいただき遺言を作りました。

その後、遺言者はお亡くなりになりましたが、問題なく遺言のとおりに執行することができました。

場合によっては、別の選択肢の方がよかったという結果になるかもしれませんが、
生きているうちには、環境の変化やお年を召したりすることで心境も変わっていくものです。

この時は、
良識ある公証人のアドバイスによって、最善の方法を選ぶことができたと思います。

そして、この時教えられたことは、
何もかも依頼者の言いなりになってはいけない、依頼者=お客様とはいえ、その時は面倒に思えても、結果としてそのほうが本人にとって良いことであれば、忍耐強く対応するべきだということです。






Category: 未分類

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。