スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フロー理論

あることがフローの状態に入ると、

物事は起きるべき時におき、出会うべき時に出会い、納まるべきところに納まる

といいます。

そしてシンクロニシティ・・・意味ある偶然の一致が多発

どうやったら、フローにはいるかは

スイッチぽんっ というわけにはいかないようですが、

どうも興味あることに没頭したり、好きなことに集中したりということが
フローに入るきっかけになるらしい

天外伺朗
マネジメント革命 「燃える集団」を実現する「長老型」のススメマネジメント革命 「燃える集団」を実現する「長老型」のススメ
(2006/10/06)
天外 伺朗

商品詳細を見る


そのあたりが何となくわかるかも・・・

ほかにも天外さんの本は読みたいものばかりです。

イーグルに訊け―インディアンの人生哲学に学ぶイーグルに訊け―インディアンの人生哲学に学ぶ
(2003/10)
天外 伺朗衛藤 信之

商品詳細を見る


これと

宇宙の根っこにつながる生き方―そのしくみを知れば人生が変わる (サンマーク文庫)宇宙の根っこにつながる生き方―そのしくみを知れば人生が変わる (サンマーク文庫)
(2002/01)
天外 伺朗

商品詳細を見る


これは読みました。

AIBOやCDを開発した当時、フローに入っていたんですね
燃える集団

どうせ生きるなら燃えて燃えて完全燃焼がいいですね。

いつか、消えるんだから。潔く。
Category: 未分類

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。